白髪染めレフィーネヘッドスパは染まらない!≪その時どうする?≫

レフィーネヘッドスパは染まらない!

白髪染めレフィーネヘッドスパを使用したけど染まらない!
と言っている方がいますよね。

 

レフィーネヘッドスパ箱の中

 

私はレフィーネで問題なく染めることができましたが
はじめは上手く染まりませんでした。

 

使用回数が少ないことが理由で
回数を重ねていくうちに少しずつ色が濃くなってきた感じです。

 

レフィーネは、髪の毛の最も外側の部分(キューティクル)へ
色素を定着させていくタイプで、少しずつ染めていきます。

 

キューティクルとは?

 

髪の毛は3層構造からできていてキューティクルは
髪の毛の最も外側の部分で魚のウロコのように重なりあっています。

 

このキューティクルが内側の
メデュラとコルテックスを保護しています。

 

どの白髪染めにもいえると思いますが
髪が太くて硬い健康な髪質の方は染まりにくいので
使用回数を増やさなければなりません。

 

髪の質に個人差があるため
染まり方に差が出てしまうのです。

 

レフィーネヘッドスパを箱から出した

 

以前、他の白髪染めで髪を染めたところ
頭皮が痒くなってしまったことがありましたが、
レフィーネは問題なく使用できたのが良かったです。

 

最初の数回は上手く染まりませんでしたが、
いまは染まってきていますので、まあまあかな〜と思います。

 

レフィーネヘッドスパの説明書とパンフレット

 

私は利尻カラートリートメントも使ったことがありますが、
どちらも大差はないように感じます。

 

利尻カラートリートメントも何回か染めていくうちに
普通に染まりましたので悪く無いと思います。

 

評判も良いですしね。

 

ただ・・・美容院で染めるわけではないので
完璧に染めるのは難しいです。

 

では、「利尻カラートリートメント」と「レフィーネ」はどっちがいいの?

 

と聞かれた場合…私はレフィーネのほうがいいような気がします。

 

レフィーネは自然に染まっていくようなイメージなので
染まるのが遅く感じますが失敗のリスクが低いです。

 

1番の特徴はトリートメント成分が
たくさん入っているということです。

 

そのため他社のものより髪にやさしく感じます。

 

染めていると髪は傷んできますので
トリートメント効果は重要です。

 

これらをまとめてみますと、
レフィーネは染まらないのではなく、
染まり方が少し遅いという表現が適切です。

 

>>レフィーネ 公式ホームページはこちら

 

レフィーネヘッドスパで染まらないときは、

 

レフィーネで上手く染まらないときの対処法について。

 

購入したときに染め方についての説明書が一緒に入っていました。
レフィーネヘッドスパの説明書

 

説明書でも書いていますが染まりにくい方は、

 

・髪の毛に塗ってから時間を長く放置する

 

・使用量、使用回数を増やす

 

・塗ってからよく温める

 

温めるというのは、髪の毛に塗ってから
シャワーキャップをかぶりその上にホットタオルを置き、
頭を蒸すように温めることです。

 

頭にかぶるシャワーキャップは
私が購入したときは付いていました。

 

レフィーネヘッドスパとシャワーキャップ

 

公式ホームページを見てみますと、
お気に召さない場合は商品代金を
返金しますと書いています。

 

初回購入の方限定で
購入日より14日間以内に連絡をしなければなりません。

 

全額返金保証キャンペーンがあったから、
購入した方も多いようです。

 

全額返金保証キャンペーンをしているというのは
レフィーネヘッドスパという白髪染めに自信をもっているからです。

 

レフィーネを使用したことがない方は一度染めてみましょう。

 

そして納得のいくように染まらなかったり
頭皮が痒くなってしまったときは、
全額返金保証キャンペーンを利用して返金していただきましょう。

 

また、上手く染まったときは
他の白髪染めに目移りをしてはいけません。

 

同じものを使用し続けるのがよいです。

 

白髪染めレフィーネヘッドスパの
全額返金保証キャンペーンに関しましては
公式ホームページでご確認ください。

 

>>レフィーネ 公式ホームページはこちら